Back to Top

CSPとは

コモンセンスペアレンティング(Common Sense Parenting ®)は、アメリカのボーイズタウンが作りだしたペアレンティングのプログラムです。私たちは、ボーイズタウンのプログラムを日本で行う認可を得た唯一の団体です。日本で出版されている「ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®(幼児篇)」および「ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®(学齢期篇)」の著作権と「ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®」の商標登録は、全て当団体が所有しています。

米国ボーイズタウンは、常にプログラムを受ける利用者の利益を第一に考えています。プログラムの利益とは、家族が強い絆で結ばれ、親が子どもを社会で自立した良き市民になれるように育むためのより良いサポートを得ることです。これを日本で実現するためには、まず第一に質の高いプログラム管理指導者の育成が必要です。ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®認定管理指導者は、コモンセンスペアレンティングを知り尽くした米国ボーイズタウン本部のスーパーバイザーから直接継続した指導を受け、厳しい指導者の基準に合格した人だけに認められる称号です。認定管理指導者は、プログラムの技術的な実践面からボーイズタウンの哲学、精神まで深く理解を求められるのです。そしてその認定管理指導者のみが、ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®初級指導者、上級指導者の育成をすることが出来ます。また、認定管理者から合格を受けた初級指導者と上級指導者のみが、プログラムを利用者に伝えて訓練することが出来ます。親や子どもに良い結果を出すには、自己流ではなくプログラムの忠実な実行が必要です。また、プログラムの質を維持するため、米国ボーイズタウン本部のスーパーバイザーは、毎年1~2回の割合で来日し「ボーイズタウン・プログラムの質の維持と向上」を確認し、認定管理指導者へのコンサルテーションも行っています。

ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®は、単なる養育技術ではなく、ボーイズタウンが長年かけて培って来た、深い精神と知恵の結集です。プログラムを通じて、多くの家族がその深い精神と知恵に触れ、癒され、強い絆で結ばれていくことを私たちは見てきました。日本においてボーイズタウンの精神と知恵、正しい技術とその訓練方法を伝えることが出来るのは、認定管理指導者と彼らに認定された初級・上級指導者のみなのです。

私たちが、このような手間と時間を費やす育成システムを強く保ち続けるには理由があります。それは、すべて家族の幸せのためです。多くの家族が、このプログラムに直接触れて、癒しと絆を得られることを心から願っています。

※現在、当講座開催情報に掲載している講座は、全てボーイズタウンから認可を得た認定団体や管理者が行っています。


ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®「幼児版」

「ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®幼児版」は、実用的な育児プログラムで、養育者に効果的なしつけの方法をわかりやすく示すと同時に子どもたちに積極的な態度で向き合えるように手助けします。このプログラムの内容は、ボーイズタウン・ファーミリーホーム・プログラムを基礎として構成されています。つまりそれは6 歳から16 歳までの子ども達を持つ養育者のために作成された、最初の「コモンセンスペアレンティング」が土台となっています。

このプログラムは、私たちボーイズタウンの職員の育児に関する研究の結果として、年月を経て展開されました。これらの研究は、養育者にとって、とても効果的なプログラムの訓練方法と、内容を見つけ出すのに役立ちました。このプログラムに参加した養育者からは、子どもの問題行動が非常に減少し、そして自身と家族の満足度が増したと報告しています。このプログラムは、文化的背景、社会的・経済的背景の異なる養育者の助けになっています。

「ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®」のプログラムは、学齢期の子どもを持つ養育者に非常に役立ったので、私たちは、同様のプログラムが2歳から5歳の子どもを持つ養育者にも役に立つと考えました。このトレーニング資料は、ボーイズタウンの職員による4年間の研究と開発の結果です。幼児と学齢期前の子どもを持つ養育者のためのクラスは、1997 年に始めてオマハで開催されました。現在このプログラムは、一人のトレーナーによって、2時間グループセッション×7回で構成されています。参加者は子ども達に建設的な行動を励ますスキルやまた問題行動に対しては、それに代替する行動スキルを指導されます。参加者は、育児や発達について、幼児に見合った期待を持つこと、また家庭での日課と習慣の大切さについても学びます。


ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®「学齢期版」

学齢期版テキストは、原文(Common Sense Parenting parent book)の第3版を翻訳したものです。この中には、ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング・プログラムと、新たに加えられた「子どもが学校で成功するために」、「ピア・プレッシャー(仲間からの圧力)への対処法」が含まれています。

「ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング®は、子どもの良い行動を増し、悪い行動を減らし、適切な代替行動を教える具体的かつ効果的なスキルを基礎としたペアレンティング・プログラムです。親は、効果的なしつけと子どもへの適切な配慮が増えると、より健康的で幸せな家庭と、良好で強固な親子関係を作ることが出来ます。

ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング® (CSP)は、1980年代後期、ボーイズタウンで実践されてきた養育の考え方を一般家庭に使えるものとして開発されました。このプログラムは、ボーイズタウンの指導モデルを基礎としています。つまりボーイズタウンのファミリーホームで実践される積極的なプログラムの延長上にあります。最初のコモンセンスペアレンティングのクラスは、1989年の1月にネブラスカ州オマハのアフェット空軍基地行われました。1922年を皮切りに、ボーイズタウンは、コモンセンスペアレンティングのクラスを指導する専門家の訓練を始めました。当初からこのプログラムは、世界中の200,000を超える方々に提供され、幅広い文化、様々な社会経済的背景の親、行動に問題のある子ども、虐待、育児放棄の背景を持つ家族に多くの利益をもたらして来ました。

このプログラムは、ペアレント・トレーナーによる6回のグループ・セッションにより構成されています。このプログラムの中で、親は、良い行動を励まし、悪い行動を思いとどまらせ、問題行動に変わる行動を教えるスキルを学びます。