Back to Top

CSPの基礎「SCALE」について

子どもを育むことや育む環境が整った家庭の重要性についてよく耳にしますが、具体的にはどういうことなのでしょうか?

子どもが欲しいものを全て与えることが育みですか?そう考える方もいるかもしれません。もしくは、基本的な食事と生活する場所を与えることですか?このように考える親も少なくはありません。残念ながら、どちらの考えもバランスが悪く、うまくいかないでしょう。

それでは、関わりすぎと断絶の健全な中間点はどこにあるのでしょうか?家庭で「SCALE(スケール)」を用いることによって上手に育みのバランスを取ることができます。Support、Care、Acceptance、Love、Encouragementの頭文字を取っています。

■ Support(サポート)- 寄り添って支える
  子どもがうまくいかないときには支え、成功したら応援します。

■ Caring(ケアリング)- 世話をして気にかける
  毎日、ハグをすることや健康的な食事を出すことで愛情表現をします。

■ Acceptance(アクセプタンス)- 受け入れる
  常に愛情をそそぎます。

■ Love(ラブ)- 愛
  言葉や行動で物理的、感情的なアタッチメントを示します。

■ Encouragement(エンカレッジメント)- 勇気付ける
  子どもに希望、勇気、自信を与えます。

これら全てのことを偏りなく行うことで子どもは強く、感情的にも健康な育みを受けることができます。皆さんがバスルームで恐る恐る乗っているスケール(体重計)とは違って、こちらは満足感が保証されたSCALE(スケール)です。

全ての項目を毎日できているのかわからなくても、心配しないでください。ほとんどは、気づかないうちにできています。家族での食事を例にとると、毎日(最低でも週に数回)家族で夜ご飯を食べるときがSCALEを自然に用いて子どもとの関係を強化する良い機会です。

このようにできるでしょう。

■ 幼い子どもがご飯を食べるためにテーブルの前に座ったら微笑む。中学生の子どもが今日のできごとについて話しているのを聞く。これらの行動はSupport(寄り添って支える)とAcceptance(受け入れる)です。

■ あなたが毎回準備する朝、昼、夜ご飯はCaring(世話をして気にかける)です。

■ 子どもが新しい料理に挑戦することやキッチンで使える道具を増やすことはEncouragement(勇気付ける)です。

■ 美味しいご飯を作る手伝いをしてくれた子どもをほめることはLove(愛)です。特にハグやキス、ハイタッチなどをするといいでしょう。

見ての通り、SCALEは一つ一つ手順のある複雑なレシピのように難しいものではありません。子どもが生活の中で必要な育みの行動を覚えるためのとてもシンプルで簡単な方法です。そして、皆さんのペアレンティングを成功に導いてくれるでしょう!


英語の記事↓
Finally! A SCALE that Tips in Your Family's Favor!(この記事の和訳です)